正倉院展だけの特別メニュー登場!

さて、明日からいよいよ、秋の奈良最大のイベント「第67回 正倉院展」がスタートします。

期間中は全国から観光客の方が大勢奈良を訪れて、いつもより一段とならまちも賑わいます。


そういうわけで、つい先日「ザムザ定食」をご紹介した舌の根も乾かぬうちに、期間限定ランチを

ご紹介しましょう。


新メニューはなら・ら・ランチ」といいます。


前菜には、なるべく奈良で取れた野菜や食材を使い(一部は京都など)、旬の味覚を味わって

いただけるように、バラエティ豊かなお惣菜をちょっとずつ盛り付けました。


メインは、「ヤマトボークの味噌漬け」のソテー。奈良が育てたヤマトポークは、肉の中に上質な

脂肪が適度に入ったジューシーなお肉です。これを特製味噌だれに漬け込んでから、さっと焼いています。


一口食べると、味噌と脂の入り混じった、なんとも言えない旨味が広がります。とにかく、この一品だけで

狂ったようにご飯がすすみます。たとえるなら、どんな人でも『あしたのジョー』のマンモス西のように、

どうにも我慢ができなくなってご飯をかっこんでしまう、そんな恐ろしいメニューです。

伝わったでしょうか?


正倉院展の期間中は、「なら・ら・ランチ」をメインにした限定メニューで営業いたします。


奈良の旬を、ぜひ味わいに来てくださいね。